HOME > お知らせ&ブログ > アーカイブ > 2012年6月アーカイブ

お知らせ&ブログ 2012年6月アーカイブ

猿の惑星:創世記(ジェネシス)見ました。

猿の惑星
SF映画の金字塔「猿の惑星」を基に、その起源となる人類文明崩壊への道のりを明らかにしていくSFアクション大作。

現代のサンフランシスコを舞台に、最新の生体実験によって脳が飛躍的に発達した一頭のチンパンジーが、やがて自我に目覚めて人類に反旗を翻すさまを、シリーズ初のパフォーマンス・キャプチャー技術を駆使したリアルなVFX映像で描き出す。
アルツハイマー治療の目的で開発中の新薬の実験によって、チンパンジーの知能が驚異的に向上する。
しかし、投与されたチンパンジーが突然暴れ出し、射殺されてしまう。
実験は中止されるが、研究者のウィルは、死んだチンパンジーの赤ちゃんを引き取り、シーザーと名付けて自ら育て始めるのだったが...。


この作品、すごいのが猿が一匹も使われていないのです。しかし、作品は猿だらけsign03
改めて、映像技術のすごさに感動しました。happy02

ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 見ました。

ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵

家族も友もいない孤独な剣士ガッツは、傭兵として戦地を渡り歩く日々。

傭兵集団"鷹の団"を率いるグリフィスは、そんなガッツの強さに目を付け、決闘で彼を制して鷹の団に引き入れる。

ガッツは数々の戦闘で圧倒的な強さを見せるとともに、次第に仲間たちやグリフィスとの絆を強めていく。

そんな中、鷹の団唯一の女剣士キャスカだけは、ガッツとことあるごとに衝突を繰り返していた。やがて、鷹の団はミッドランド王国の正規軍にまでのし上がっていくのだが...。


全3部作の第1弾になりますが、あのベルセルクワールドがどこまで映像化が許されるのかが楽しみですねnote


カンフーパンダ2 見ました。

カンフーパンダ2
メタボぎみの陽気なジャイアント・パンダ"ポー"が、カンフーの修行の末に悪を倒す大ヒット・コメディ・アニメ「カンフー・パンダ」の続編。

世界征服を企む新たな敵を前に、再び立ち上がるポーの活躍と彼の出生にまつわる謎が描かれていく。
"伝説の龍の戦士"となり、"マスター・ファイブ"の5人とともに、日夜、平和の谷を守るポー。

そんな彼の前に新たな敵が現われる。

それは、どんなカンフーの技も吹き飛ばす武器を開発し、世界征服を目論むクジャクのシェン大老。さっそくシーフー老師の指示で、シェンの野望阻止へと向かったポーとマスター・ファイブ。

やがてシェンとの戦いのさなか、育ての親に引き取られる前の失われた記憶が少しずつ甦り、戸惑いを覚えるポーだったが...。

今回の作品でポーの出生の秘密がわかるのですが、やっぱりって感じでしたねhappy01
マスターファイブとのカンフーのコラボも見ごたえがありまたよpunch

カイジ2 見ました。

カイジ2
福本伸行の人気コミックスの実写映画化第2弾。
原作の中でも人気の高いエピソード『欲望の沼』をベースに、再び負け組に転落した主人公カイジが、かつての宿敵・利根川をはじめ、どん底人生を送る負け組たちと手を組み、命を懸けた大勝負に挑む姿を描く。

主演は再び藤原竜也、共演に伊勢谷友介、吉高由里子、生瀬勝久、香川照之。監督も引き続き佐藤東弥。
命懸けのゲームを勝ち抜き、多額の借金を帳消しにして人生の大逆転を果たした伊藤カイジだったが、またしても借金まみれで地下の強制労働施設送りとなってしまう。
そんな彼が新たに挑むのは、帝愛グループの裏カジノが誇る当たれば10億円以上というモンスターマシーン、通称"沼"だったが...。




前回より、面白かったですよ~note
藤原竜也の、なんとまあビールをうまそうに飲むコト・・・・・ 悪魔的にヤバイbeer
今回も、ちゃっかり福本伸行さん出てましたねhappy01
みなさん わかりました? 
あのシーンですよeye ヒントはbeerを飲んでいるシーンです。探してみてくださいね~



インモータルズ 見ました。

インモータルズ
遥か昔、光の神と闇の神による争いが起こり、敗れた闇の神は地底の奥深くに封印された。

時は流れ、古代ギリシャの時代。
邪悪な野望を抱く王ハイペリオンが現われ、闇の神の封印を解き放とうと、"エピロスの弓"を探し求め、強大な軍隊を率いてギリシャへの侵攻を開始する。

光の神の頂点に君臨するゼウスは、人類の救世主として人間の若者テセウスに白羽の矢を立て、自らの手で鍛え上げていく。








300(スリーハンドレッド)のスタッフが撮影、製作したとあって映像が斬新です。eye
ギリシャ神話が元になっているのでストーリーもしっかりしていて よかったですよgood

1

« 2012年5月 | メインページ | アーカイブ | 2012年7月 »

このページのトップへ